SNSの出会いテクニック術《rhyolite》

SNSの出会いテクニック術《rhyolite》

出会い系SNSを使いこなせていない人は出会うことは難しいと思います。こちらのサイトではSNSの出会いテクニック術をお教え致します。

SNSを上手く利用する方法

今では出会い系SNSはたくさんありますし、会員の数も結構多くなっているようです。
このように、出会い系SNSを利用している人は増えてきているのですが、実際に利用したからといって全ての人が出会えるわけではないようです。
そんな時に、出会い系SNSのせいにする人もいるのですが、実際は出会い系SNSを使いこなせていない本人に問題があると言えるでしょう。
そのため、出会いが訪れないという人は自分が上手く出会い系SNSを使いこなせているか確かめてみた方が良いかもしれません。
そこで今回は、上手く利用する方法について少しお話していきたいと思います。
まず初めに行うのは、どういった機能があるかチェックすることです。
出会い系サイトといえば、プロフィール機能とメール機能が主だったと思うのですが、出会い系SNSになると、プロフィールやメール以外にも、ブログや日記といった機能が搭載されているでしょう。
このような機能はとても大切で、上手く活用すれば相手の情報をたくさん手に入れることができます。
ブログをチェックするだけでも相手の日常を知ることができます。
相手の情報をたくさん集めておけば、メールをする時に話題に困らなくてすみますし、自分の理想の相手を見つける時にも役に立つでしょう。
上手くフィーリングのあう相手を見つけることができれば、会話が盛り上がるかと思いますし、会話が盛り上がれば勢いで直接会う約束ができるかもしれません。
出会い系SNSと言っても種類は様々ですので、どういったものがあるのか見てみると良いでしょう。
そして、出会い系SNSの機能を有効的に活用することができれば、出会いを手に入れるのも難しいことではないでしょう。
より多くの情報を集めて、よりたくさんの出会いをしてほしいと思います。

足跡リストの中に全然知らない人が入っている

SNSを利用していると、足跡リストの中に全然知らない人が入っていることって本当によくありますよね。
私は今までそんな足跡を見ても、絶対に足跡を踏返すなんてことはしなかったんですが、いつも同じ相手とのやりとりに少し飽きてしまって、「この人どんな人だろう?」っていう興味本位で足跡を踏返してみたんですね。
中には明らかにただあちこちに足跡を残しているだけって人もいたんですが、共通の趣味があったり、同じ都道府県に住んでいる人だったり、「この人と友達になってみたいな」と思える人もたくさんいることが分かったんです。
「どうしてこれまで素通りしてしまったんだろう」ってちょっと後悔してしまいました。
相手のページを訪問すれば私自身も足跡を残してしまうことになるので、無言で残すんじゃなくて、ちょっとコメントをしていくようにしました。
するとたくさんの人から返事やお礼を言われたりしてすごく気分が良くなったんですね。
そのうちの何人かとは頻繁にメッセージのやりとりをしていますし、日記を毎日楽しみにしていたり、ブログをお気に入りに入れたりしています。
「どんな人か分からないから足跡を踏返すのはちょっとためらってしまうよね」と今では仲良くなった友達と言っていますが、足跡を踏返さなかったらこんな風に仲良くなれなかったわけですよね。
ただ足跡を残すだけじゃなくて、本当に興味を持った相手ならやっぱりコメントとかもいっしょに残した方が、「返事してみようかな」って思いますしね。

足跡の利用で友達を増やす

SNS暦は結構長いですが、友達はずっと少なかったんです。
どうアプローチしていいかわかりませんでしたし、あまり必要以上に関わると変な誤解をされかねなかったので、SNS利用はしてましたけどあまり活動的ではありませんでした。
唯一、友達だった人がフレンド登録数が多かったのでどうやって友達を増やしてたのか聞いてみました。
その方法は足跡の利用でした。
最初聞いたときは「そんなこと?」って思ったんですけど、意外に効果的でした。
始めは気になる人に足跡を残すようにするだけです。
あまり頻繁に付けると引かれるから止めた方がいいかもしれません。
それで自分のホームに足跡が残ってたら見に来てくれたことなので再度こちらからメッセしに伺います。
昔はコメントしてもあんまり返信もらえなかったんですけど、この方法に切り替えてからは返信が多くなりました。
些細なことの違いでこんなにも違いがあるなんて思ってもみませんでした。
確かにいきなりメールとかしてもびっくりされるだけだったんだなと今更ながら反省してます。
異性の人と友達になることは無理と思ってましたが、今ではむしろ異性の友達の方が多くなってしまいました(笑)
この方法を教えてくれた人にも感謝してますが、足跡機能にも感謝してます。
あんまり多くの人に知って欲しくないのが本音ですけど(笑)それから足跡は無意味に消さない方がいいみたいです。
消すくらいなら来るなって人多いみたいですしね…。

おもしろそうな相手だとメッセージを送っちゃいます

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に登録してもう3,4年たつんですが、その間で本当にたくさんの人と仲良くなることができてます。
基本的にはサイト上でのコミュニケーションなんですが、お互いの日記にコメントしたり、メッセージを送ったりといったような関係の人が多く存在しています。
そのなかでも実際にお会いした人ってのも何人もいます。
私はビジネスをしていてプロフィールにもそういったことを簡単ではあるんですが記述していまして、その内容に興味をもってくれた人たちが私のページへ来てくれているんです。
やっぱり自分のページを見てもらえたってのはうれしいもんですからこまめに足あとをチェックして相手のページへも行くようにしています。
それでもし相手の人が自分にとっておもしろそうだなって感じたらメッセージを送ってアプローチをしたりしちゃいますね。
それはもちろん男女問わずなんですが。
基本的にはビジネスをやっているってこともあるので同業者の方と会うことが多いですね。
この出会いがまた私にとって貴重なんですよ。
いろんな人の意見を聞いたり、いろんな人の考え方を聴くことによって自分のビジネスにもだいぶプラスの影響を与えることができますし、そこでつながった人脈がさらにどんどん大きくなっていっていろんなチャンスに出会える、まさにチャンスを呼び込んでくれるんです。
ですから、仕事に生かすという意味でもSNSは大いに役立ってます。

いろんな人と交流をもつことになるSNS

SNSというものはソーシャル・ネットワーキング・サービスといいまして、パソコンや携帯電話を使用したインターネット上で不特定多数のまったく見ず知らずの人たちと交流をすることのできるサイトになっています。
こういったサービスは日本ではすでに多数の会社が取り入れていますので大小あわせると数え切れないほどのサイトが存在します。
このSNSですが、多くのサイトでは招待制というシステムを導入しており、誰かの紹介がないと参加できないようになっています。
ですから、まったくの見ず知らずの人が誰でも簡単に参加できるとうわけではありません。
こういったハードルもあるのでサイトを楽しんでいる人たちはSNSのサイトに登録している人たちに対しては友達の友達でどこかでつながっているといった安心感もあり比較的仲良くなりやすいようになっているようです。
なかにはこういったサイトをきっかけにお付き合いが始まったり、そのお付き合いが発展して結婚までしたというカップルも多数いるようですから出会いを求めてサイトに登録してみるのもいいかもしれません。
またこういったSNSのサイト上にはありとあらゆるコンテンツが用意されています。
こういったコンテンツを使っていろんな人と交流をもつことになるのですが、どうせインターネット上でのことだからと侮れないくらいお互いの人間性や価値観などを知ることができますので、カップルになった人達というのは必然的だったのだと思います。

出会いを目的としたSNS

出会い系サイトにはいろいろな種類があるのですが、近頃は出会い系サイトではなくて、出会いを目的としたSNSというものがあり、それがとても流行っているのです。
初めに、SNS(ソーシャルネットワークサービス)サイトには、プロフ・ブログ機能・コミュニティ等と、出会いを探している人達にとってとても便利なツールが備えられているのです。
こういった機能は出会い系SNSサイトにも備えられている機能で、出会い系SNSサイトなら出会いオンリーとしたサイトなので、より一層出会い向けだと言えます。
このような機能が要因となってSNSがとても流行っているのですが、出会いを求めている人達にとって凄く魅力的な事ではありませんか?
アプローチを仕掛ける前に相手を理解する事が可能なら、あなたの事も相手に前もって分かってもらう事も出来るのですから、間違いなく出会いが実現出来るのです。
それにプラスSNSというのは現在とても流行っているので、ユーザー数が多いという事が知られています。
ユーザー数が多いということは、それだけ出会いの確率も高くなるという事になります。
これまでは出会い系サイトを利用していて良い出会いに巡り合えなかったという人達は、是非!SNSを一度利用して欲しいと思います。
その理由は、出会いも質が高いので、これまで酷い目に遭ってきたという経験をお持ちの方ほど、SNSには適していると思うのです。
それだけ出会いのチャンスもたくさんありますので、利用した事がない人は是非試してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ